当ブログはWordpressテーマ「SWELL」で作成しています。 SWELLの公式サイトはこちらから

【初心者向け】SBIネット銀行の外貨積立で2銭/ドルの手数料でドル転する方法!4銭/ドルのドル転との違い

SBI銀行のドル転の手数料には、「4銭/米ドル」の他にも「2銭/米ドル」もあるみたい。

2つの違いは何?やり方は?

本記事は、こういった疑問がある方に向けた記事です。

本記事を読めば、両者の違いと、それぞれのドル転のやり方が分かりますよ。

目次

為替手数料「4銭/米ドル」と「2銭/米ドル」の違い

両者の違いを↓の表にまとめました。

どちらもやり方は簡単ですよ。

本記事では、為替手数料が安い「2銭/米ドル」でのドル転方法を紹介しますね。


為替手数料特徴ドル転に使用するサービス
2銭/米ドル定期的に行うドル転外貨積立
4銭/米ドル単発で行うドル転外貨普通預金

証券会社での主なドル転の手数料は「25銭/米ドル」です。

「4銭/米ドル」の為替手数料も十分安いので、「4銭/米ドル」のやり方は以下の記事で分かりますよ。

あわせて読みたい
【初心者向け】SBIネット銀行で4銭/ドルの手数料でドル転する方法(画像付き)
【初心者向け】SBIネット銀行で4銭/ドルの手数料でドル転する方法(画像付き)以下の疑問がある方に向けた記事です。「ドル転」って何?ドル転すると何が良いの?やり方は?「ドル転」は、日本円を米ドルに転換することです。ドル転するには基本的...

SBI銀行で「2銭/米ドル」の為替手数料でドル転する方法

手順

「2銭/米ドル」の為替手数料でドル転するときには、「外貨積立」を申込みます。

「外貨定期預金」ではないので気をつけてください!

SBIネット銀行にアクセスしてログインし、「商品・サービス」→「外貨預金」の順にクリック。



「外貨積立」をクリック。



「お申込み」をクリック。



日本円を米ドルに転換する為替手数料が「2銭/ドル」になっています。

「お申込み」をクリック。




「買付通貨」に「米ドル」を選択。その他の項目は、自分の好きな内容に入力・選択して「確認する」をクリック。

なお、今すぐドル転したい場合には、その日の日付を指定すればその日にドル転できます。

時間によっては翌月になってしまいます(例:1月8日にドル転したかったのに、申込み時間が遅いため2月8日にドル転される設定になる)。「確認する」をクリックした次の画面で、「次回買付日」という項目でいつドル転できるかを確認できます。




申込内容を確認する。特に「次回買付日」を要確認!!

問題なければ、「WEB取引パスワード」を入力して「確定する」をクリック。



これで申込完了です。

今回申し込んだのは「外貨積立(定期的なドル転)」です。以下のポイントに注意してください。

「外貨積立」のポイント

外貨積立(定期的なドル転)を停止したい場合には、「停止」または「解約」の設定が必要です(本記事の後半参照)。この設定をしないと、自動的に自分で設定した金額、頻度でドル転が行われます。

ドル転された結果の確認

ドル転された米ドルを確認してみましょう。

SBI銀行のホーム画面にある「残高・明細」をクリック。




赤枠部分でドル転された米ドルを確認できます。

「外貨積立(定期的なドル転)」の一時停止・解約方法

まずは「一時停止」のやり方です。

今月は外貨積立(定期的なドル転)をしたくない、と思った場合に使います。

あとで「再開」することができます。




SBI銀行のホーム画面から、「商品・サービス」→「外貨預金」の順にクリック。




「外貨積立」をクリック。




「申込内容照会」をクリック。




「お取引状況」が「積立継続」になっている場合は、定期的にドル転される設定状態です。

「内容変更・一時停止・再開」をクリック。




「一時停止」を選択し、「確認する」をクリック。

次は「解約」のやり方です。

「解約」すれば、設定していた外貨積立(定期的なドル転)を完全に削除できます。

一時停止だと「ちゃんと停止されてるかな?」と後で気になってしまうと思う方は、「解約」しておきましょう。

解約手数料はありませんので安心してください。




SBI銀行のホーム画面から、「商品・サービス」→「外貨預金」の順にクリック。




「外貨積立」をクリック。




「申込内容照会」をクリック。




「お取引状況」が「積立継続」になっている場合は、定期的にドル転される設定状態です。

「解約」をクリック。




「WEB取引パスワード」を入力し、「確定する」をクリック。

まとめ

為替手数料が安い「2銭/米ドル」のドル転は、定期的につみたてるドル転です。

為替手数料特徴ドル転に使用するサービス
2銭/米ドル定期的に行うドル転外貨積立
4銭/米ドル単発で行うドル転外貨普通預金

「2銭/米ドル」のドル転方法の紹介でした。

SBI銀行の外貨積立による「2銭/米ドル」は、為替手数料が安いドル転方法です。
向いている人と、気をつけるべきポイントは↓のとおりです。

「2銭/米ドル」のドル転に向いている人

定期的に米国ETFや米国株を購入する人 → 外貨積立の設定をしておけば、自動的に2銭/米ドルでドル転できるので


「2銭/米ドル」のドル転で気をつけるポイント

外貨積立の設定後、ドル転をしたくないときは忘れずに「一時停止」か「解約」を! → 忘れると、設定した金額・頻度で口座の円がドル転されてしまいます。

あわせて読みたい
【初心者向け】SBIネット銀行で4銭/ドルの手数料でドル転する方法(画像付き)
【初心者向け】SBIネット銀行で4銭/ドルの手数料でドル転する方法(画像付き)以下の疑問がある方に向けた記事です。「ドル転」って何?ドル転すると何が良いの?やり方は?「ドル転」は、日本円を米ドルに転換することです。ドル転するには基本的...
あわせて読みたい
【初心者向け】SBI銀行からSBI証券に米ドルを入金するときの手数料と方法
【初心者向け】SBI銀行からSBI証券に米ドルを入金するときの手数料と方法SBI銀行でドル転したけど、SBI証券にどうやって米ドルを送るの??投資初心者が米国株やETFに投資をしようと思ってドル転してみたけれど、米ドルのSBI証券の口座への移...
目次
閉じる